村の景色を見ると、懐かしいと感じる。

仏像を前にすると、仏像に手を合わせてきた人々を思う。

村人の話をきくと、胸があたたかくなる。

立ち去ろうとすると、離れ難くなる。

そうして、また会いたくなる。

観光寺院にはない地域の仏像がもつ不思議な魅力。

それは、向き合うとあたたかくて、心落ち着く「なにか」を纏う仏像。

 

それは古来日本人が感じてきた「なごり」なのではないでしょうか。

「なごり」という言葉は、波が浜に打ちよせ、引いた後に小さく残る「波残り」に由来し、万葉集でも使われていることばです。

物事が過ぎ去っても漂い残るものに、時代を問わず人は惹かれ「名残り惜しい」と口にするのでしょう。

 

人は「なごり」を受け取り、残す

仏像と向き合った時、肌で感じる空気感、堂内の匂い、目にうつる仏像の姿、村の景色、村人の言葉のなかに、仏像がこれまで歩んできた歴史や仏像を拝んできた人々の「なごり」がひそんでいます。

過ごしてきた時間や環境が異なれば、纏う「なごり」もそれぞれの地域色が出ます。

その仏像が、その地域の仏らしくあるためには「なごり」を生み出す空間とそこに暮らす人々がこれからも必要です。

そして外に暮らす私もまた仏像に思いを「なごり」を残す存在でもあります。

このことは仏像に限らず、文化財、様々な地域文化でも言えることだと思います。

個人事業から合同会社nagoriへ

これまで個人事業主として事業を行ってきましたが、様々な地域でもお役に立てるようになるため、2021年3月22日(施無畏菩薩の日)に法人化しました。

文化財・地域文化にこめられた人々の「なごり」を大切に受け止め、今生きる私たちの新たな「nagori」を仏像に、文化財に、地域に残して、繋いでいく。

その思いを合同会社nagoriの名前に託しました。

合同会社nagoriは「なごり」を生み出す環境・空間の保存と、そこに今生き、暮らす人々の思いを紡ぎ出し、地域のこれからを創造することを目指し、主に、文化財・地域文化に特化したプロデュース、執筆、PR、イベント企画運営を行っていきます。

お仕事については「Work」からご覧ください。

 

お問い合わせ

※ 本サイトの仏像の写真は、お堂をお守りされている方から特別に許可をいただき撮影・掲載しています。