月刊『大法輪』「仏像を守る」にて寄稿!

月刊『大法輪』2019年の7月号〜9月号に掲載!

仏教総合誌・月刊『大法輪』の「仏像を守る」にて寄稿しました!

『大法輪』はどこかの宗派に偏ることなく、常に中立の立場から仏教を紹介しています。

仏教関係者だけが読めるものというイメージがあるかもしれませんが、「日常会話の中の仏教語」や「親鸞・蓮如からのアドバイス」など、特別な知識がなくても楽しく読める媒体です。

仏像を守る最前線でご活躍されている方々ばかり!

「仏像を守る」のコラムは和歌山県立博物館学芸員の大河内氏、仏像文化財修復工房の松岡氏、(株)文化財マネージメントの宮本氏、福通寺住職の藤川氏など、私が学生の時からHPやSNSで憧れていた方々が寄稿されています。

その皆さんの後に続いて寄稿することができるなんて恐れ多く、実はプレッシャーでなかなか手がつきませんでした。

しかしせっかくいただいたご縁、地域の仏像を守ることへの葛藤や重要性を伝えられたらと思い、若く未熟者なりにしたためました。

2019年の7月号〜9月号に掲載されていますので、ぜひご一読いただければと思います!

改めまして、このような機会をくださいました関係者の皆様、本当にありがとうございます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です