大聖寺お不動さん修復基金について

f:id:kanakotsushima0419:20191120161335j:plain

修復費が約250万円かかるとされ、11月に特別公開された大聖寺不動堂の不動明王坐像。

現地での特別公開のほか、浅井歴史民俗資料館の展覧会、観音ハウスの写真展を通して各所で呼びかけを行ってきました。

 

▼概要はこちらから

お不動さん基金にご協力ください!

不動堂では慣れない特別拝観対応でありましたが、合計97人の方々にお参りいただきました!

その結果、合計992,727円が集まりました。

引き続き修復基金を募り、令和3年~4年の修復を目指しているとのことです。

皆さまの応援をお待ちしております。

 

目標金額に達していないものの、たくさんの方々からご支援いただきました。

誠にありがとうございます!

特別拝観の日に県外からお越しの方もたくさんいらっしゃって、そして、東京でのイベントでもたくさんの方がお越しになりました。

堂守さんも「県外の普通の田舎の小さなお堂に、これだけの方々がこんなに注目してくださることに驚き、感動しました」とおっしゃっていました。

 

大聖寺不動堂の維持管理で難しいところは、堂守する家は昔から決まった家であること。

湖北でしばしば見かける、村の中で毎年何人か選出して交代で拝観者対応、法要を執りしきる世話方制度ではないのです。

※世話方制度も、人口減少、生活の変化とともに上手く回らなくなっているところですが…。

これまで公開されることがなかった大聖寺不動堂ですが、これからは拝観の受け入れもできるように、少しずつ準備を進めていき、これからも細々と修復費を集めていくとのことです!

堂守さんが現役でバリバリお仕事されている方なので、普段は非公開ですが、年何回か、1日開帳できるようになると良いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です