【黒田安念寺】堂外で「いも観音さん」初・勢揃い

安念寺いも観音保存会のクラウドファンディングのプロジェクトも無事工事が始まりました。

その間、いも観音さんたちは高月観音の里歴史民俗資料館にて特別陳列されています。

工事が終わるまでの間、資料館に出開帳される観音さんのお姿をぜひお会いしていただきたいと思います。

実はいも観音さん10躯すべてが堂外で公開されるのは、今回が初めてです。

 

元々、資料館の常設展示でお立ちの菩薩形立像も、他のいも観音さんと並び、なんとなくほっとしたお顔をされているように見えます。

しかし、並び立つその姿は圧巻です。

どの方も、いつもお堂でお会いしている時と違った表情をされていました。

特に如来立像さんの表情の変化には本当に驚きました。

堂内ではやや鋭い表情をお持ちに見えましたが、まさかこんなにも柔らかい表情をされる方だとは思いもしませんでした。

ふっくらした頬に小さな口は微笑み、緩やかな眉の稜線。

いつもこのようなお顔で、私たちのことを見守ってくださっていたことを知りました。

安念寺にて。光の当たり方のためか、やや鋭いお顔つきをされている。

今回、展示室にて撮影したもの。全体的に柔らかい印象。

 

また展示にあたって本尊・聖観音さんの後ろ姿を初めて拝しました。

なんとも美しく力強い水泳選手のような肩まわり。

条帛がみせるくびれ。

堂々とした腰回り。

逞しい胸板に相応しい厚みある体格です。

村のホトケという印象が強い「いも観音さん」がもつホトケとしての畏怖すら伝わってきます。

かつては七堂伽藍を有したと伝わっていますが、それも納得のホトケたちが今に守り継がれてきたのだと再認識しました。

 

またパネルでは、展示する際に撮影した「いも観音さん」の後ろ姿の写真も公開しています。

 

特別陳列情報まとめ

いも観音さんが堂外で勢揃いするのは、今回が初めてです!

まだお会いしたことがない方はもちろん、一度お会いしたことがある方もいつもとちがう「いも観音さん」と出会いにお越しください。

【高月観音の里歴史民俗資料館】子どもと川で遊んだホトケたち いも観音さん 

特別陳列「子どもと川で遊んだホトケたち いも観音さん 」
期間:令和 3 年 5 月 12 日(水)~ 7 月 5 日(月)
場所:高月観音の里歴史民俗資料館 2階 展示室(滋賀県長浜市高月町渡岸寺 229 番地)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は4時 30 分まで)
TEL:0749 85 2273
休館日:火曜日 ・祝日の翌日
入館料:一般 300 円、小中学生 150 円
主催:高月観音の里歴史民俗資料館
協力:滋賀県長浜市木之本町黒田西黒田・安念寺

展示説明会:
日時:令和 3年6月12日(土)午後 1 時 30 分~
場所:高月観音の里歴史民俗資料館2階展示室
説明者:佐々木悦也 学芸員 高月観音の里歴史民俗資料館

 

▼安念寺いも観音保存会のクラファンはこちら

※本記事は、特別に許可を得て撮影しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です